アズノール軟膏 副作用

アズノール軟膏を使うと副作用でかゆみが増して使えませんでした。

私は長年アトピー性皮膚炎とお付き合いをしています。

 

アトピーの治療の過程でアズノール軟膏も使用したことがありますが、当然、アズノール軟膏はアトピーに効果はありません。

 

 

軽度の皮膚炎薬として処方されることが多いので、アズノール軟膏そのものとして使用したことがあるのは、息子が産まれて暫くしてオムツかぶれになったときです。

 

本当にちょこっと赤くなった程度のかぶれだったので、アズノール軟膏でも治りましたが、その後、汗疹になってカリカリ掻いてしまった掻きキズつきの湿疹には効果無しでした。

 

天然植物性の成分の薬で副作用は殆どないと言われていますが、私は体質的にアズノール軟膏はかゆみがでてしまい合いません。

 

アトピー治療の中で使ったことがあると書きましたが、ステロイドとの混合軟膏で何度か処方されて使いました。

 

が、アズノールを使うとかゆみが増してNG。

 

なので、今は混合薬はアズノールではなくワセリンになっています。

 

ただ、本当にアズノール軟膏の副作用があるのは稀なケースみたいですね。

 

息子も結局アトピーになってしまい皮膚科に通い、アズノール軟膏が混合された軟膏を使用していますがトラブルもなくきています。

 

先生の指示通りに薬を頑張って塗っているからか、現在、息子のお肌はスベスベです。

 

ただ、個人的にはアズノール軟膏独特のにおい?があまり好きではないです。

 

それと、室温保存ですが、チューブではなく、ツボタイプで処方されたときの微妙な分離が好ましくない…かな。

 

油分が分離するだけなので気にしなくていいらしいけど。

 

とにかく、自分にはあまり合いませんが、息子しかり、赤ちゃんからご高齢の方まで使う人を限定しない弱皮膚炎薬がアズノール軟膏です。

 

処方されてアズノール軟膏で治る皮膚炎であれば、軽度の皮膚炎と言うことになるのでしょうね。

 

(宮城県 ちー坊さん)

 

>>アズノール軟膏の購入方法はこちらで説明しています。