顔ぶつぶつアズノール軟膏

顔にできた小さなぶつぶつをアズノール軟膏で治しました。

就職したばかりの頃、仕事のやり方はまだぜんぜん分からず慣れないし、人間関係もまだとても気を遣っていて、さらには比較的残業も多い会社だったので、毎日ヘトヘトで自分の健康管理も良く出来ないでいた時期がありました。

 

その時の状態として、そこまで大きなものではありませんが、円形脱毛症が出来ていたり、生理がこなくなったりなどの良くない症状が出たりしていました。

 

そのような時に出た症状のうちの1つに、小さなぶつぶつが顔中、特におでこや頬にたくさん出来るといったものがありました。

 

赤味や痒みもありましたが、掻くとヒリヒリする感じでしたし、顔だったので極力掻かないようにはしていたのですが、お風呂上りなど体が温まると我慢できないほどかゆくなるときもありました。

 

この症状を皮膚科で相談した時に、アズノール軟膏が処方されました。

 

 

同時に数日分のアレルギーの飲み薬と、顔にも使えるステロイドの塗り薬が処方されたと思います。

 

お風呂上りで痒みがひどい時はステロイドを、日中や痒みがそんなに無いときアズノールを塗っておくようにと言われた記憶があります。

 

アズノールはステロイドを含まない炎症を抑えるお薬だそうで、赤味などを抑えてくれるそうです。

 

薬をもらって最初の夜はアズノール軟膏だけを塗ってみたのですが、わたしにはそれだけでも結構効果がありました。

 

アズノール軟膏を塗ったら痒みもかなり抑えられたし、翌朝には赤味がだいぶ引いていて、ぶつぶつも枯れたようなぶつぶつになっていました。

 

ぶつぶつが枯れたようになったのが良かったみたいで、それでかゆみがだいぶ少なくなりました。

 

結局、この時のぶつぶつや痒みは、ステロイドは使わずに飲み薬とこのアズノール軟膏だけで3日4日で治ってしまいました。

 

(長崎 ふわふわさん)

 

>>アズノール軟膏の購入はこちら