アズノール軟膏 日焼け

アズノール軟膏は日焼けや効果があります。

 

アズノール軟膏は植物に由来する非ステロイド性の軟膏です。
患部を保護し、炎症をやわらげる効果があります。
また、皮膚のアレルギーをおさえる働きもします。
これらの作用により、皮膚の再生を助け傷の治りをよくします。

 

消炎作用はおだやかで、比較的軽い症状に適します。
具体的には、湿疹、ジュクジュクしたびらん、やけどや日焼けなどに用いるほか、皮膚の保護・保湿薬としても有用です。
ステロイド外用薬のような劇的な効果は期待できませんが、皮膚保護薬として長期に使っても安心です。

 

おくすり110番より引用
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se26/se2649716.html

 




 

 

 

アズノール軟膏の感想

皮膚科で処方してもらえる塗り薬にアズノール軟膏があります。

 

アズノール軟膏は、かゆみ止め、床ずれなどに使われることが多い薬です。

 

抗炎症作用のあるお薬ですがステロイドではないので、効果が出るまでには少し時間がかかります。

 

アズノール軟膏は肌が弱い人も使いやすい軟膏で赤ちゃんからお年寄りまで安心して使えます。

 

アズノール軟膏には、アロマでもおなじみのカモミールから抽出される成分が配合されています。

 

アズノール軟膏の効果は、やけどや湿疹、皮膚炎、虫刺され、皮膚の赤み、擦り傷などあらゆる皮膚トラブルで効果が認められていて使用されています。

 

アズレンは虫刺されでかゆみが治まらず掻き毟ってしまった時に使用しましたが、すぐには効果はありませんでした。

 

しかし、皮膚を保護してくれるのでかゆくなっていた場所の炎症はだんだんおさまってきて、かゆみも徐々に落ち着いてきました。

 

べたつく軟膏なので、塗る部分によっては使いにくいですが、しっかり刷り込んであげればべたつきが緩和します。

 

できれば夜寝る前などに使うのが良いです。

 

アズノール軟膏と他の薬を併用して使う方法も良いです。

 

かゆみがひどい時期はステロイドで一気にかゆみを抑えてしまって、そこから徐々にアズノールに切り替えるという方法で顔のかゆみが緩和しました。

 

ステロイドはお医者さんの指示に従って使う必要があるので、その指示通りに使用しました。

 

治まってきてアズレンに切り替えて、最終的にはワセリンのみにしました。

 

肌荒れにもアズノール軟膏は役立ちますが、ニキビの場合は悪化する可能性もあります。

 

油分の多い軟膏なので毛穴の詰りも気になるかもしれません。

 

アズノール軟膏を上手に使って皮膚トラブルを改善させてください。

 

>>アズノール軟膏0.033%:20gの購入はこちら