アズノール軟膏市販軽度アトピー

アズノール軟膏を軽度のアトピーに使いましたが効果はありませんでした。

わたしは介護職をしています。

 

現場で何か外傷があれば、まず処方されるのがアズノール軟膏です。

 

アズノール軟膏はこの業界では、非常になじみのあるお薬のひとつだと思います。

 

オムツかぶれがあれば処方され、じょくそうの兆候が現れれば処方される。

 

それこそ軽い擦り傷や表皮剥離でもアズノール軟膏は処方されますので、よく使用していました。

 

なんとなくですが、昔自宅で使っていたオロナインのような立ち位置ではないかな、と思います。

 

とりあえずアズノール軟膏をを塗っとけば間違いない、というような感じです。

 

あまりにも簡単にアズノール軟膏は処方されるので、一度看護師に聞いたことがあるんです。

 

どうしてアズノール軟膏ばっかり出るんですか、と。

 

アズノール軟膏は副作用が非常に少なくて、使える箇所が多いから、といわれました。

 

そういえば、陰部のただれにもアズノール軟膏が処方されていました。

 

ということで、アズノール軟膏は介護職の私には非常になじみのある軟膏なわけです。

 

アズノール軟膏はあまりにも簡単に出るので、効能についてはやや疑問に思っていたところもあります。

 

アズノール軟膏塗布に関しては、基本的に看護師が行うので、アズノール軟膏が効いているのかどうなのかに関しては介護職にはわかりづらかったのです。

 

そんなおなじみのアズノール軟膏が、わたしの娘に処方されたことがありました。

 

娘は軽度のアトピーで、いつもひどいわけではないのですが、季節や体調によってはアトピーの症状が強く出ることがあります。

 

ひどいときには全身かき壊し、血が出ることも少なくありません。

 

そういった場合にはほとんどのところではステロイド軟膏が処方されます。

 

私自身はあまりステロイドに抵抗はなく、急性期のアトピーの症状は早く抑えたいのでかまわないのですが、ある日いつもと違う皮膚科に行ったとき、アズノール軟膏が処方されました。

 

どうやらその医師はステロイド反対派だったようです。

 

処方されたのでアズノール軟膏を塗布して様子をみましたが、正直あまり効果は感じられませんでした。

 

やはりある程度の症状まで進行した場合には、効き目は弱いような気がします。

 

もう少し症状のゆるいときに、予防的に使ってみたいと思います。

 

(大阪府 ふーこさん)

 

>>アズノール軟膏を通販で購入する方法を紹介