アズノール軟膏ブヨ

ブヨに刺された腫れがアズノール軟膏を塗り数日で治りました。

アズノール軟膏

 

わたしは蚊に刺された部分が、かなり腫れたので皮膚科へ行ったところ、ブヨに刺されたようでかなり腫れました。なかなか痒みも引かず、大きく腫れたので保冷剤で冷やすようにしました。痒みがなかなか治らないので、痒い部分にはしっかりとアズノール軟膏を塗りました。ブヨは毒素が強いので、痒みが引くまで時間がかなりかかるため、アズノール軟膏をたっぷり塗って、痒みをなるべく抑えるよう保冷剤で冷やすようにしました。ブヨの虫刺されは、なかなか痒みが収まらないので、冷やすことは重要です。

 

アズノール軟膏以外にやったことは保冷剤で冷やす

 

他はお風呂に入ると痒くなるので、シャワーにするなど、体を温めないようにしました。体が温まると痒くなるので、なるべくシャワーで軽く流して、虫刺されの部分は保冷剤で冷やすようにしていました。

 

アズノール軟膏は、痒みがる部分にしっかり塗って、ガーゼを巻いて掻かないようにしました。そして痒みが出たら、保冷剤で冷やすいようにしました。冷やしていると、だいぶ治まってくるので、最初はかなり痒かったですが、治まってきたホッとしました。

 

数日後んいは痒みが治まりました

 

アズノール軟膏を塗り始めて数日後には痒みが治まったきたので、効果があるのを実感できるようになりました。痒みが治まってきたら、アズノール軟膏を薄く塗るようにしたので、だいぶ治まってきました。

 

ブヨの虫刺されもだいぶ治まってきたので、アズノール軟膏の量を少量にするなど、上手に調整することが大切だと分かるようになりました。

 

虫刺されは、痒みも強いので、なるべく冷やして掻かないようにしたり、アズノール軟膏を最初はたっぷり塗って、だいぶ痒みもひいてきたら薄く塗るなど、調整するようにしました。皮膚科へ行ってアズノール軟膏を処方してもらったことで、しっかり治りました。

 

(神奈川県、マリモさん)

 

>>アズノール軟膏を通販で購入する方法を紹介

 




このページの先頭へ戻る