アズノール軟膏アレルギー痒み

アズノール軟膏で手のアレルギーの痒みが数日で治りました。

わたしの娘が知らぬ間に手を掻いていたので、赤くなり、カサカサになり、病院へ連れていきました。

 

鼻水もでていたし、痒みも出て赤くなっていたので、この症状はアレルギーでしょうということで、アズノール軟膏とアレルギー薬を処方されました。

 

アレルギーは、部屋の掃除をまめにしたり、エアコン掃除や花粉を部屋の中に入れないなど、今までの環境とは変えて、まめに掃除したり布団は埃がたまりやすいので、洗濯に出すなど心当たりがあることは、掃除するようにしました。

 

生活ペースが大きく変化したのを実感できます。

 

処方されたアズノール軟膏を痒みがある手や足の関節部分には、薄く塗るようにしています。

 

お風呂上がりには、保湿クリームをたっぷり塗ってアズノール軟膏を薄くぬるようにしています。

 

朝は顔を洗った後に保湿クリームを塗ってアズノール軟膏をぬるなど、きちんと保湿することを心がけるようにしています。

 

子供は知らぬ間に痒い部分は、手が伸びるので、なるべく手が伸びないようにケアするようにしています。

 

アズノール軟膏を塗り始めてから数日後には、痒みがだいぶ治まって、赤みも引いてきたので改善しているのが、目に見えるほど分かるようになりました。

 

痒いと自然と手が伸びて掻いてしまうので、なるべく悪化しないようにケアするよう、保湿クリームもオーガニックのものを使うようにしています。

 

刺激があるものは避けるようにしていますし、ノンアルコールを使っています。

 

アズノール軟膏を薄く塗って、保冷剤で冷やすと痒みも引いてくるので、薬を塗り始めた頃は、すぐ保冷剤で冷やすようにしていました。

 

痒みが引いてきたので、アズノール軟膏を塗って数ヶ月後には効果があるな?と実感しています。

 

(神奈川県、永山愛子さん)

 

>>アズノール軟膏を通販で購入する方法を紹介