アズノールうがい液扁桃炎

扁桃炎になるとアズノールうがい液を処方してもらっています。

わたしは疲れている時やストレスがたまっている時によく風邪をひきます。

 

喉が弱くて年に数回扁桃炎になることがあるのですが、扁桃炎になったら喉の痛みが本当に辛いですよね。

 

扁桃炎になった時はいつもアズノールうがい液を病院から処方されるので使っているのですが、このアズノールうがい液のおかげで喉の痛みが徐々になくなってくるので気に入っています。

 

アズノールうがい液は作用がとても穏やかですし、副作用の心配がほとんどないということなので安心して使うことができますよね。

 

アズノールうがい液のアズレンスルホン酸ナトリウムという成分ですが、炎症を静める効果が期待できます。

 

炎症を和らげて傷の治りを良くしてくれるので、これを病院から処方された時は一日数回ぬるま湯に溶かしてうがいすることが楽しみです。

 

うがいをした直後はとても喉がスッキリして気持ちが良いですし、痛みがしばらくとれて嬉しいですね。

 

うがい液って他にもありますが、アズノールうがい液は実際に炎症を起こしている場合にとても効果があるんですよね。

 

だから喉が痛くない時などは別のうがい液を使用しています。

 

私は扁桃炎になった時にアズノールうがい液を使用しますが、口内炎や舌炎、急性歯肉炎や口の中のにできた傷の治療のために使わることもあります。

 

うがい液なのでいきなり痛みがなくなってしまうということはないのですが、だんだん良くなってくるという感じでしょうか。

 

病院でもらったお薬を飲みながら、毎日しっかりとアズノールうがい液を忘れずに使っていれば扁桃炎なんて怖くないと思っています。

 

扁桃炎になると食べることも水を飲むことも辛くなることがありますが、体調を崩さないように気つけて生活をしていこうと思っています。

 

(北海道 yukiさん)